キャッシング即日:同時申し込みについて

キャッシングの審査基準は業者によって違うものの、どの業者でもNGとしていることがあります。それは、どうしても当日融資を受けたいからと同時申し込みに関することです。

どうしてもすぐにキャッシングをしたい場合、1社目の審査結果を待つ時間を不安に感じてしまうかもしれません。 仮にしばらく待った上で出た結果が審査落ちということだと、そこからまた別の業者に申し込みをしなければなりませんよね。

こういったタイムロスを防ぐために、初めから複数の業者に対して審査をお願いしてしまう方もいるようです。 ですが、このようなことを行ってしまうと審査に落ちてしまう可能性が高まってしまいます。

どの消費者金融を選択するかによって審査にかかる時間は異なりますが、基本的にどの業者でも1時間以内に結果が出ます。 それくらいならば待ってみてはどうでしょうか。

一度にたくさんの業者に申し込みをしてしまうと、相当困窮している人であると判断されてしまう可能性があるのです。

ただ、融資金額の希望によっては同時に複数の業者に申し込みをするのも仕方がないでしょう。 例えば、20万円の融資を希望するケース。 多くの業者は、利用実績に応じて少しずつ借入可能額が増えていきます。

そのため、最初から20万円の枠を希望しても10万円までしか認めてもらえないケースが多いのです。 こういった場合、2社に対してそれぞれ20万円の枠を希望しておけば、仮に各業者で10万円までしか枠がもらえなかったとしても結果的に20万円用意することができます。

ただ、複数の申し込みをする際には総量規制についても考えておきましょう。 総量規制とはキャッシングで借りられる金額は年収の3分の1以下の金額であると定められた法律です。

例えば、年収100万円の方が30万円の借り入れを希望する場合、2社に対してそれぞれ30万円ずつ希望してしまうと総量規制で借りられる金額をオーバーしてしまうことになります。 そうなると融資を断られてしまう可能性が高くなるため注意しましょう。
秋田信用金庫: トップページ

審査なしのキャッシングはある?

年収や勤続年数、個人情報などに自信がある方は問題ないかもしれませんが、そうでない方はできるだけ審査の甘い業者に申し込みたいと思っているはず。 できれば審査のない業者に申し込みたい…という人もいるでしょう。

ですが、審査のないキャッシング会社はないのです。

それに、業者ごとに審査の基準は異なるものの、大手の消費者金融であれば審査難易度にそれほど大きな違いはありません。 そう考えると、極端に審査の甘い消費者金融はないといえるでしょう。

そんな中で、「審査なし」とか「審査基準が甘い」ということをアピールしている業者もあります。 こういった業者はとても魅力的に見えるかもしれませんが、ヤミ金と呼ばれる悪質な業者である可能性が非常に高いため、絶対に利用しないようにしましょう。

そもそも、審査があるのは当たり前のことですよね。 全く知らない人に対して無担保でお金を貸すというのは非常に危険なことです。 貸金業者としても、審査なしでたくさんの人に貸してしまった場合、回収できない可能性が高くなるでしょう。

そのため、まともな営業を行っているところであれば審査を行った上で信頼できる人にしか貸さないシステムをとっているわけです。

その中で審査なしで貸してくれる業者は、悪質な担保を取ったり、ひどい取り立てを行っている可能性が高いといえます。

それから、在籍確認も基本的に行われます。 職場に電話をかけられたくないといった理由から在籍確認なしの業者を探している方もいますが、誤ってヤミ金を選択しないように注意しなければなりません。

職場に在籍確認の電話がかけられる際にはキャッシング業者の名前ではなく、どこにでもいそうな個人名でかけてもらうことができるため、過度の心配は不要です。

審査がなし、職場への在籍確認もなしという消費資金があった場合は、かなりの確率で闇金を疑った方が良いでしょう。その時はお金に余裕ができて助かったと感じるかもしれませんが、違法な金利を取っていることも多いため、大きなトラブルに繋がってしまうこともあります。

キャッシングの仮審査を受けよう

キャッシングを利用したいと思っているものの、審査に通るか不安だという方は、先に仮審査を受けてみてはどうでしょうか。仮審査とは、生年月日や年収、他社からの借入金額を入力するだけで融資が可能かどうか判断してくれるサービスです。

ここで融資が可能という結果が出た場合、そのまま申し込みをすると審査に通る可能性が高いといえるでしょう。

業者によってどのような診断が用意されているかは違いますが、「入力された条件だけでは判断することができませんでした」といった画面が表示されることもあります。

これは、入力した条件がかなり厳しい場合に表示されることが多いため、審査に通らない可能性についても考えた方が良いでしょう。

注意しなければならないこととして、仮審査で借り入れが可能と判断されたとしても、実際に申し込みをした際に100%審査に通るわけではないということ。 仮審査で必要になる情報は非常に少ないです。

職種や他社からの借り入れに関する返済トラブルもチェックされないため、ブラックリストに載ってしまった方でも借り入れ可能と結果が出る場合があります。

これはあくまで最低条件を満たしているかどうかの診断だと思った方が良いでしょう。 残念ながらその業者が定めている基準を満たしていなかった場合、仮審査では融資可能と出ても本審査で落とされてしまいます。

それに、業者が用意している仮審査の中にはかなり厳しい条件を設定しても融資可能と表示されるものもあるため、あまり参考にはならないかもしれません。

キャッシングの審査は落ちてしまったとしてもその理由が告げられないため、何が悪いのか自分で考える必要があります。ただ、中には申し込み資格を満たさずに申し込みをしている方もいるようです。

例えば、消費者金融のキャッシングに対して年収の3分の1を超える借り入れを希望していたり、申し込み可能な年齢に達していない、収入がないのに融資の申し込みをしている方もいます。 こういった方は仮審査を受けることで条件を満たしていないことに気づけるかもしれません。

キャッシングの融資を受けるまでにはどれくらいかかる?

キャッシングの申し込みをしてからどれくらいで実際に現金を手にすることができるか気になりますよね。申し込みを行ったあとは審査が行われ、その審査に通った場合のみに融資が受けられることになります。

融資までにどれくらいの時間がかかるかというのは業者によって違いますが、大手の消費者金融の多くは最短30分の即日融資に対応しているため、申し込みをしたその日のうちに現金を手にすることも不可能ではないのです。

インターネットを使った申し込み方法も人気となっており、こちらは他の方法に比べて審査結果が出るのが早いのが特徴となっています。即日融資を受けるためには、消費者金融が定めている受け付け可能時間を確認しておきましょう。

例えば、「14時までに申し込み完了で即日融資可能」としている業者があったとします。 ここで注意しなければならないのが、14時までに審査の申し込みをすればよいというわけではなく、振り込みの手続きを14時までに済ませる必要があるということです。

即日融資は利用者が希望した口座に銀行振り込みされるのですが、その申し込み手続き自体が14時までに終わっている必要があります。

仮に10時までに申し込みを終わらせることができたとしても、そこから審査が行われることになるので即日融資は間に合わない可能性が高いです。

ぎりぎりになってから申し込みをするのではなく、その日の午前中までに申し込みを済ませておきましょう。また、銀行振り込みの対応時間を過ぎてしまったとしても、自動契約機で契約をすればその場でカードを受け取り、提携ATMでお金を引き出すことも可能です。

ただ、業者によっては夜間や土日の即日融資に対応しているところもあります。 これは、消費者金融が提携している銀行の口座を持っていたり、特定の条件を満たす場合にしか利用できないので注意しましょう。

また、審査には勤務先への在籍確認も含まれます。土日など会社が休みで在籍確認が取れない場合、審査が終了するのは在籍確認が取れてからという形になるので気をつけなければなりません。

メニュー

ページの先頭へ