キャッシングとローンの違い

急にお金が必要になったけれどすぐには集めることができなかったり手元のお金だけでは足りない!なんてことが起こったことはありませんか? 家族や知り合いからお金を借りるのは容易なことではありません。 そんな時はキャッシングが非常に便利です。しかし、消費者金融で借りるのはちょっと躊躇してまうというかたも多いと思います。

では、キャッシングとはどのようなものなのでしょうか。

担保や保証人なしの個人向けの少額融資のことをキャッシングといい、 銀行などでお金を借りることをローンといいます。 住宅ローンや自動車ローンなどはよく聞く言葉だと思います。このようなローンと キャッシングには2つの違いがあります。

一つは、キャッシングとは上記にも書いてあるように担保や保証人なしでお金を 借りることができます。 住宅ローンなどの銀行ローンは資産などを担保にすることによって お金を貸してもらうことができます。 それに対してキャッシングは担保が必要ないので手軽にお金を借りることができます。 しかし、ローンよりキャッシングのほうが金利が高めに設定されています。

二つ目は、キャッシングは使い道が決められていません。 住宅ローンは住宅の購入やリフォーム。自動車ローンは車の購入などローンの場合は その目的のためにしかお金を使うことができません。 しかし、キャッシングの場合はお金の使い方が自由です。自分の使いたいことのために お金を借りることができます。

キャッシングをする際に一番不安なのが返済のことではないでしょうか。 毎月必ず返済をしていくことができれば何も問題はないのですが、もしも返済が 遅れたらどうなるのでしょうか。

返済が滞ったら電話などでお知らせの電話が来ます。返済が滞り続けると職場に連絡が来るようになることもあるので気を付けなければいけません。 ドラマのような取り立てはありませんので安心してください。

ただし、返済できないような無理な借り入れは絶対にしてはいけません。

メニュー

ページの先頭へ