不妊症治療費を借りる

晩婚、少子化が問題になっている近年、子供を産まない、産めない理由は様々なようです。 結婚をしている女性たちの中には子供がほしいと思っていてもなかなかできず、不妊治療を始めるという人が増えてきています。

不妊治療はとてもお金がかかるものです。治療を開始してすぐに妊娠をすることができれば治療費はあまりかからないのですが、治療を開始してもなかなか妊娠することができないという方も多くいます。

では、不妊治療とはいくらくらいかかるものなのでしょうか。 不妊治療には「保険診療」と「自由診療」があります。これらは通常の診療費と同じで「保険診療」は3割負担、「自由診療」は保険外ですので10割を負担することになります。

不妊治療では最初は「保険診療」内で始めるのですが、うまくいかないときは「人工授精」や「体外受精」、「顕微鏡受精」などに進んでいきます。 この段階の治療法は「自由診療」になり自己負担となってしまいます。

高いものになると1回100万円以上になることもあります。 また、1回の治療で妊娠をすることができず、何度も挑戦するという方も少なくありません。 そのような方には治療費が大きな負担となってしまいますので不妊治療を続けていきたいという方はお金の借り入れが必要になってくるかもしれません。

そんな時、どこでお金を借りたらいいのか悩んでしまいますよね。 消費者金融には即日キャッシングをしてもらえるというメリットがありますが銀行ローンに比べて金利が高くなっています。

また、消費者金融には「総量規制」があるので年収の3分の1以上を借りることができません。

銀行でも、返済能力があれば返済計画を建ててローンを組むことができます。

不妊治療を進めていくのと同時に借り入れを考える場合は金利が低めの銀行ローンでの借り入れを利用していくのがいいかもしれません。

不妊治療は金銭的にも精神的にも大変な治療です。無理せずゆとりをもって治療を受けるようにしてください。    

メニュー

ページの先頭へ